ホーム > 会社概要

会社概要

会社概要

優れた技術で社会に貢献します

採血車東京特殊車体は、1967年の創立で、特殊車両製造のトップメーカーの1社として、大手自動車・車両メーカーが量産体制で生産しているような車両に対し、常に時代の要請に応えつつ、お客様のニーズや使い勝手にあった様々な車両を受注生産という形で製造しております。

なかでも、移動採血車、各種レントゲン車、婦人・循環器検診車などの医療関連特殊車両は、その技術・経験を高く評価され、日本赤十字社・地方自治体・検診関係各方面から多大な信頼を得てまいりました。

検診車また、当社でジョイフルバスと呼称しているレトロ調やボンネットタイプなどのバスは、およそ250両の納車実績を誇り、全国の観光地や都市で活躍しておりますが、最近では高齢化社会に対応して、新たに構造上、全面的な架装・改造が難しいノンステップ(低床型)タイプのジョイフルバスの提供もできるようになり、お客様と業界から大きな注目を浴びております。

ジョイフルバスさらに消防・警察関係の防災関連車両や競走馬輸送車、各種イベント車、放送中継車、商品展示車など、永年培われた技術・経験を活かして、幅広いジャンル・多様なニーズに対応した特種車の製作の他に各種車両の改造工事、修繕工事などにも力をそそぎ、お客様から高い評価と信頼を得ております。

こうした、過去に培ってきた経験・技術力に加え、今後も絶え間ない技術の研鑽を続けることにより、常に業界のリーディングカンパニーを目指し、社会に貢献してまいりたいと考えております。

会社のあらまし

所在地
〒192-0907 東京都八王子市長沼町1304番地の1 【地図はコチラ
TEL:042(644)3517(代表) FAX:042(644)3493
会社ホームページ:http://www.toutoku.co.jp
設立年月日
昭和42年2月10日
資本金
40,000,000円
事業内容
各種特殊車両の設計および製造・販売、改造、修繕および部品販売
営業品目
移動採血車、レントゲン車(胃、胃胸、胸部レントゲン車)、各種検診車(乳房、循環器、婦人)、放送中継車、衛星中継車、ジョイフルバス、広報宣伝車、イベントカー、福祉バス、競走馬輸送車、防災機動車、レスキュー車など。
その他、主要営業品目以外の特殊車両についてもお客様のご要望により製造いたします。
主要取引先
各都道府県厚生・福祉担当、日本赤十字社、各都道府県血液センター、地方自治体、公私立病院、東芝メディカルシステムズ(株)、(株)日立製作所、富士フィルムメディカル(株)、(株)島津製作所、日野自動車(株)、いすゞ自動車(株)、三菱ふそうトラック・バス(株)、UDトラックス(株)、いすゞ自動車首都圏(株)、東京日野自動車(株)、その他都道府県自動車販売会社。
沿革
昭和42年 2月10日 資本金300万円にて東京特殊車体株式会社を設立
昭和42年 8月21日 京王重機整備(株)と提携して八王子恩方に工場を新設
昭和42年10月 1日 資本金を500万円に増資
昭和43年 2月 1日 京王重機整備(株)北野工場内へ移転
昭和43年 8月 1日 資本金を1,000万円に増資
平成 7年 3月31日 資本金を4,000万円に増資
平成15年12月 5日 ISO9001(2000年版)の認証を取得
平成21年 8月28日 ISO9001(2008年版)の認証を取得
平成25年 3月 4日 エコアクション21の認証を取得
平成25年11月27日 (一社)日本自動車車体工業会の新環境基準適合ラベル
             (通称ゴールドラベル)を取得
             (採血車、検診車、レントゲン車、検査測定車、馬匹運搬車 計5機種)
工場主要設備
プッシュプル型大型車専用塗装ブース3基、車両重量計(トラックスケール)、車両傾斜角度測定器、万能板金成形機(クラフトフォーマー)3基、大型車専用ツインパワーリフト、フロンガス回収装置ほか

↑このページの上へ