ホーム > 採用情報 > 職場紹介

採用情報

職場紹介

東京特殊車体株式会社の各職場についてご紹介します。
(以下の部署名をクリックすると、各紹介にジャンプします。)

担当
製造部 製造担当 [ 鉄工 | 鈑金 | 塗装 | 電機・整備(電装) | 木工・縫製 | 艤装 ]
検査担当
購買担当
営業設計部 営業担当
設計担当
総務部

 

製造部

鉄工製造担当・検査担当のメンバーです。

 

 

 

製造担当

【鉄工】
鉄工車両の構体を製作する工程で、初めて見るとベースとなるシャシーの上に「ジャングルジム」を組み付けていっているような印象を受ける工事を行います。
シャシーに基準材を溶接して車両の“骨”を作っていく、先行製作した側面パネル・屋根を結合し、溶接を行い、全体として歪みのないようにバランスを取って構体を完成させます。
中でも、曲面があるジョイフルバスなどの製作では、鋼材の曲げ加工により構体を形成するなど、熟練した技術力を発揮します。

 

【鈑金】
鈑金鉄工工程で製作した構体に鈑金工事を行い車両のボデーの製作を行う工程です。車体の内側、外側への鈑金工事に加え、当社オリジナルのフロント面の製作なども行っています。
当社で製作する車両の多くは、1台1台の形状が異なるオーダー品のため、一般の量産車では金型プレス加工によって製作するような部分も、鈑金職人がハンマーや工作機械を使って、鉄板を曲げる・打ち出すといった手作業で製作を行っています。そのため、当社の中でも特に熟練が必要な作業工程となっています。

 

【塗装】
塗装専用の塗装ブースとスプレーガンを使用して車両の塗装を行う工程です。鈑金が終わった車両の塗装面を下処理し、マスキングテープなどで養生を行い、塗装を行います。
当社の塗装工程では、大型車用のプッシュ・プル型塗装ブースを3基導入し、作業環境および塗装面の品質向上を図っています。また、車両本体以外にも製作部品やドアなど、鉄やアルミ、ステンレスで製作したものでも材質を選ばす塗装を行うことが出来ます。

 

【電機・整備(電装)】
電機・整備(電装)車両製造における電気関係の工事を行います。ワイパーや方向指示器といった車両本体の電機機器工事のほか、検診車ならレントゲンといったように車両に搭載する機器への電源供給回路の敷設、クーラーやヒーター、油圧ジャッキ、発電機の搭載を行います。また、エアコンやカーナビ、バックアイといった機器の取り付けも、この電機・整備での工事となります。
車好きは機械科出身者が多い傾向にあり、当社でも機械科出身者の比率が高いため、貴重な戦力となる電気科出身者の応募をお待ちしております。

 

 

【木工・縫製】
木工・縫製車両に搭載する家具や座席、カーテン等の作成、床板やカーペット張りなどの工事を行います。
木工や縫製は、一般的な自動車工場のイメージにはない職場のためか、会社案内をする際に見学の方から「こういったものまで製作しているんですね!」という感想を多くいただきます。車両製造における工程というよりは、車両製造に必要な部位や部品を製作している職場といった位置づけになります。

 

 

 

【艤装】
艤装ドアやサイドミラー、バンパーといった自動車部品の取り付け工事から、座席や棚などの家具、窓枠や手すりの取り付け工事といった外装・内装工事までを行う車両製造の最終工程です。
自動車に関する部品の取り付けに加え、採血車は移動する採血室、検診車は移動する診察室といった性質の車のため、住宅の内装工事に近い工事を多く実施します。ただ、住宅とは異なり、家具や機器類は走行中に動かないように固定する必要があるため、車両に事前に施工された補強に沿ってビスなどで固定を行います。

検査担当

製造部検査担当検査担当は、当社の製造車両の品質レベルを支える担当です。ベースとなるシャシーの受入検査から始まり、各工程間の検査や完成検査を行い、製造車両の不具合の発見や仕上がりなどの品質向上を図ります。
完成した車両は、検査担当により重量測定や車両安定角度の測定を行い、出場前清掃後、取扱説明書などを積み込んでディーラーに送り出します。

 

購買担当

製造部購買担当車両製造に必要な材料や機材などを発注、受入、在庫管理を行う部署です。
車両の製造工程に合わせて必要な部材を用意するという一般的な購買職のイメージどおりの部署ですが、オーダー品を製造するため、量産車の製造に比べて取り扱う部品点数が非常に多く、中には「こういったものはないか?」という設計担当者のオーダーにより、取引業者を何件も当たって部品や部材を探すこともあります。また、取引業者との価格交渉や、より良い代替品の検討などにより車両の製造を支えます。

↑このページの上へ

営業設計部

営業担当

営業設計部営業担当北は北海道から南は沖縄まで、全国に広がるお客様を少数精鋭の営業マンで担当しています。
商談から受注、製造車両の細かな仕様の決定から、立会い検査、納車までを担当するため、広い知識を必要としますが、既製品を売る営業とは違ったやりがいが得られます。
お客様の要望を汲み取り、予算や納期との折り合いをつけながら、設計担当や製造現場と調整を行い、1台の車として世の中に送り出す役割を担っています。

設計担当

営業設計部設計担当当社の設計担当は車両の部分ごとの設計を担当するのではなく、1台の設計全てを1人が担当する体制を取っています。そのため、車両の特定部分に関する深い知識よりは、広く車両全般の知識が必要なほか、お客様の希望する設備やデザインなどを、車という枠組みの中にいかに纏め上げていくかという設計コーディネーター的な役割を担います。また、実際に工場に出て、製作現場と意見交換をする、着工前説明会を実施するといったように、机でCADの前に座りっぱなしといったことはありません。
街中で自分の担当した車に出会うと、それが一目で自分の仕事だと分かるのが当社設計担当の魅力です。

 

総務部

総務部当社における一般管理業務を担当している部署です。
来客の受付や施設管理、株主総会などの会議体の運営といった総務の仕事や、採用や給与計算、社会保険事務などの人事の仕事、会社の運用資金の調達や収支の決算を行う経理業務を行っています。
車両の製造には直接関わっていない部署ですが、決算書の作成からお昼のお弁当の手配まで、広く会社の運営、社員生活のサポートを行っています。

 

↑このページの上へ